かねはら内科・呼吸器クリニック


診療科目 内科 アレルギー科 呼吸器科
郵便番号 733-0002
住所 広島市西区楠木町3丁目1-10      (エブリイ楠木モール内)
電話番号 082-230-1181
最寄駅 アストラムライン白島駅から徒歩で約7分
駐車場 モール内敷地に十分な駐車台数あります
ホームページ https://www.kanehara-clinic.com/



診療
時間
午前 9:00~
12:30
9:00~
12:30
9:00~
12:30
9:00~
12:30
9:00~
12:30
9:00~
14:00
× ×
午後 15:00~
18:00
15:00~
18:00
× 15:00~
18:00
15:00~
18:00
× × ×
備考

特記事項 ※休診:水曜午後、土曜午後、日祝日

※学会出席等による臨時休診があります


クリニックの詳細情報

代表者からのメッセージ





医師名:金原 正志 先生( かねはら まさし 先生 )
【経歴等】
 平成 8年3月 島根大学 医学部医学科 卒業
 平成 8年3月 中国労災病院 内科研修医
 平成10年4月 呉医療センター 呼吸器内科レジデント
 平成12年4月 因島市医師会病院 内科医師
 平成15年4月 呉共済病院忠海分院 内科医長
 平成19年6月 広島大学病院 呼吸器内科 医科診療医
 平成21年3月 広島大学大学院 医歯薬学総合研究科 卒業
 平成21年4月 広島大学病院 呼吸器内科助教
 平成23年4月 広島市民病院 呼吸器内科副部長
 平成25年4月 広島市民病院 呼吸器内科部長
 平成29年4月 広島市民病院 呼吸器内科主任部長
 平成30年4月 かねはら内科・呼吸器クリニック 開院

【資格等】
 ・医学博士
 ・日本内科学会認定医、総合内科専門医、指導医
 ・日本呼吸器学会専門医、指導医
 ・日本呼吸器学会中国四国支部 評議員
 ・日本呼吸器内視鏡学会専門医、指導医
 ・肺がんCT検診医、日本禁煙学会認定禁煙指導者
 ・日本医師会認定産業医
 ・がん治療認定医
 ・身体障碍者福祉法指定医(呼吸機能障害)
 ・難病指定医
 ・がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会終了

病院・医院の詳細(病院・医院からのメッセージ)
【クリニックの特徴について教えていただけますか?】
  当クリニックでは、日本内科学会認定総合内科専門医として、幅広く内科
 診療を行っています。 風邪や腹痛などの日常的な疾患はもちろん、高血圧
 糖尿病・高脂血症・痛風などの生活習慣病から、インフルエンザなどの急性
 疾患まで対応しております。 また、低線量肺がんCT検診や禁煙外来をはじ
 めとして、呼吸器疾患の専門診療を行っています。

【先生の専門分野を教えていただけますか?】
  内科と呼吸器疾患ですが、特に呼吸器疾患を得意としています。 呼吸器
 に関する病気には、下記に示すように多岐にわたります。
 
  ・気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)といった閉塞性換気障害
  ・細菌性肺炎、非定型肺炎、誤嚥性肺炎、非結核性抗酸菌症、
   肺結核などの呼吸器感染症
  ・肺がん、悪性胸膜中皮腫などの悪性腫瘍
  ・間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群 など

  呼吸器疾患の多くは慢性の病気であり、生涯にわたっての治療と適切な
 管理が必要です。

【低線量肺がんCT検診とは何ですか?】
  低線量肺がんCT検診では、正確かつ迅速に身体に優しい撮像が可能です。
 一般的な胸部レントゲン検査では発見しづらい小さな陰影や、淡い陰影の
 肺がん、また心臓や横隔膜に隠れて見えない肺がん等の『早期肺がん』の
 発見にも有効な検査です。 通常のCTに比べて被ばく線量を4分の1程度に
 低減しています。
 
  肺がんは近年増加傾向にある一方で、ある程度進行するまで症状があら
 われにくいため、見つかった時にはすでに進行していることが少なくあり
 ません。 重症化後にでは治療も困難になるため、早期発見が大切です。
 特に50歳以上で喫煙歴がある方や、血縁者に肺がんの人がいる方は、
 定期的に検診を受けることをお勧めします。

【睡眠時無呼吸外来とありますがこれは何ですか?】
  睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に無呼吸が繰りかえされ、睡眠の分断、
 深い睡眠の減少により日中に過度の眠気を伴う病気です。 昼間の眠気で
 交通事故につながるという危険や、日中仕事に支障をきたすというような
 直接的な問題があります。 
  
  また、睡眠時無呼吸症候群は高血圧をまねく可能性が高く、心血管系・
 脳血管系の合併症(心筋梗塞・脳梗塞)も引き起こすことがあります。 
 生活習慣病に繋がる大きな危険因子と言えます。 食生活の欧米化と、
 それに伴う肥満により、これからもっと増加するであろう病気と言っても
 過言ではありません。
  
  当クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群の検査・診断を行っております。
 主な症状である『昼間の眠気』でお困りの方、『睡眠中のいびき』を家族
 から指摘されるなどでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

【年代や男女の違いよる呼吸器疾患の特徴などはあるのでしょうか?】
 あくまでも一般的な話なのですが、下記があげられます。 
  ・若年層:喘息(ぜんそく)
  ・中高年:喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、睡眠時無呼吸症候群
  ・高齢者:COPD(慢性閉塞性肺疾患)、誤嚥性(ごえんせい)肺炎
 
 また男性には喫煙者の割合が多いこともあり、COPD(慢性閉塞性肺疾患)が、中高年の女性では、肺非結核性抗酸菌症という病気があげられます。 特に後者の疾患は自覚症状がほとんどなく、検診の胸部エックス線検査などで発見されることも多々あります。  菌が完全に消えることはまれであり、長期的な治療が必要となる病気です。

【最後に一言お願いします】
  当クリニックにはレントゲン、CT、呼吸機能検査、心電図、簡易睡眠ポリ
 グラフ検査など、専門的かつ最新の医療機器を完備し、正確な診断、最善の
 治療を提供できるようにしています。 また、多くの呼吸器疾患や全身の癌
 の発生に影響する『 喫煙 』から患者さんを守るため、禁煙外来を開設し、
 ニコチン依存症の治療も積極的に行っています。
  
  地域のかかりつけ医として、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病
 や風邪の診療、各種予防接種、健康診断など、皆さんに気軽に受診していた
 だけるクリニックでありたいと思っています。

  専門性の高い医療と地域医療を提供し、地域のみなさまに信頼され、親し
 まれるクリニックとなれるようスタッフ一同努力してまいりますので、どう
 ぞよろしくお願いいたします。







 クリニックはアストラムライン白島駅、JR新白島駅からの徒歩圏内にあります。
また、スーパーエブリイ楠木店の向いにあり駐車スペースも十分にあることから、利便性には大変優れています。 
医療機器や設備も非常に充実しており、また院内にはクラッシク音楽が流れておりますので、落ち着いた雰囲気で過ごすことが出来ます。
 
 肺がんについては、健康診断であるレントゲン検査で発見できるものだとばかり思っていましたが、早期の肺がん等は発見しにくいとのこと。 低線量肺がんCT検査というものを初めて聞きました。 喫煙歴のある方は定期的に検診を受けられるべきだと感じました。
 
 先生の説明は大変分かりやすく、またスタッフの方々の患者さんへの対応も非常に温かみのあるもので安心して受診できると思いました。

 

紹介者:永留 浩史